不動産豆知識

不動産とは

 

不動産とは、土地や建物といった日常生活をするための設備やあるいは会社等仕事をする場としてよく利用されているものです。

こういった土地や建物といった不動産には様々な利用法があるのですが、一般的にはこのように日常生活を送る場所として使われていると認識している方が多いのではないでしょうか。

不動産は、預金や有価証券等と同様に資産価値のあるものでありこういった資産の中でも高額な価値のあるものです。

 

テナントは

 

テナントは、貸借契約のもとで家屋を借り受ける借家人のこと。
ただし、現代の日本では、ビルや百貨店・ショッピングセンター・鉄道駅構内などの一部区画を賃貸借契約の元で所有・管理・運営者から借り受けて営業する事業者(店舗)のこととして専ら用いる。日本語では店子(たなこ)ともいう。

概要
一般に、ショッピングセンターや百貨店、あるいは都心や駅前などの交通アクセスのいい場所にあるビルなどは商業店舗のテナントが入居することが多く、食堂・レストラン、喫茶店、ファッションショップ、グッズショップ等が入居することが多い。

市街地の再開発の手法として典型的な再開発ビルのテナントには、商業施設だけでなく、オフィス、公共施設などを入居させることで、複合的な機能を持たせ安定した集客を図ることがある。

テナントのうち特に占有面積や集客力が大きいものをキーテナントまたは核店舗などという。
キーテナントは、建物の経営、ひいては周辺地区の経済をも左右しうる影響力を持つ。
このため、事業主体が自らキーテナントを持つ場合が多い。

また郵政民営化に伴って、多くの旧集配郵便局は郵便事業株式会社が管理しており、郵便局株式会社はテナントとして入っているところが多い。

 

店舗の由来

 

「店舗」(あるいは単に「店」)という言葉は、律令制度の伝来とともに中国から日本へと入ってきた言葉である。

しかし、漢字における本来の意味は、都市に存在した邸店(今日で言うところの宿泊施設。倉庫施設を併せ持つ例が多かった)と肆舗(しほ、今日で言う商業施設に該当)をあわせて称した物であった(当時、肆舗が集まる市場の近くに商用の客のための邸店が多く置かれていたために、これらを一括して扱う事が多かった)。

ところが、奈良時代の日本では、民間人が旅行をする事が殆どなく、従って邸店に該当するものが存在しなかった。
このため、日本に入ってきた時にその意味を正確に把握できず、店舗=「商売を行う施設」と解釈されて受容され、それが商業施設を表わす日本語として用いられるようになった(ただし、中唐以後には邸店が取引の仲介に入る例もあり、それを斟酌したものであるという見方もある)[要出典]。

今日、「飯店」と言う同じ言葉であるにも関わらず、日本では(中華料理を出す)「食堂」、中国では「ホテル」(元は「食事を出す邸店」の意味、「酒店」も同様の意味)と違うものを指すのにはこうした背景がある。

 

不動産の歴史

 

不動産と動産の区別あるいはその歴史は時代や地域によって制度や法制が大きく異なっており、今日でも法体系によって多少の違いが存在している。

動産は原始時代に個々の人類が自己の所持物を他者のそれと分けるようになってから存在し続けていたと考えられているが、土地のような不動産が所有の対象となるのは、限られた土地の上に社会・国家が成立した後であり、しかも当初は社会・国家を構成する特定の人々による共同所有であった。
ローマ法による動産と不動産の区分はビザンツ帝国期から成立していたが、法律上の扱いに大きな差異は見られない。
また、建物は土地と一体化したものと考えられており、今日のドイツやスイスの民法にその名残が存在する。
また、フランスでは土地を「天然の不動産」、建物を「性質の不動産」として後者は前者の存在を前提として成立するものとしている。
一方、ゲルマン法では早くから動産と不動産の法的扱いの違いの差異が生じており、ローマ法とゲルマン法の動産・不動産観念は今日の欧米や日本の民事法に強く影響を与えている。

古代日本においては動産は「もの」、不動産は「ところ」と称せられ、律令制の頃には前者は「資財」「財物」、後者は「田宅」「所領」などと称されるようになった。
田宅とは土地を生産・収益の根源とみなすところから来た呼称であり、中世には「知行」、近世には「石高」がこれに代わる概念として現れることとなった。
江戸時代には家屋や蔵などが土地から分離して売買や貸借の対象となっていった。
もっとも、こうした区別は当時の法制や法慣習を近代的な法概念に当てはめたものであり、当時の法意識は「生産財」か「消費財」かという概念の法が重要視されていたという説もある。
また、古代から近世末期まで「奴婢」「下人」など、人間でありながら動産として扱われてきた人々がいることも忘れてはならない。

更に前近代においては所有の概念の違いも時代や地域によって異なり、国制・身分に基づく所有の制約が存在した。
例えば、日本においては所有の観念が今日と大きく異なっていた。土地を開墾した人(「草分け」)や財物を所持し続けた人と当該財産の関係は単なる所有の主体と客体ではなく一種の呪術的な関係があり、仏物(ぶつもつ)・神物(しんもつ)・人物(じんもつ)などと言った、本主(本来所有すべき所有者)に基づく財産の区分が存在し、本主のみが正当な所有者で他の区分あるいは人物に売買や譲渡が行われたとしても相手は正当な所有者ではないため、いつかは本来あるべき姿(本主が当該財産を所有する状態)に回復されなければならないとする法観念が広く存在していた。
そのため、中世の日本において、合法的な売買・譲渡が行われた土地が無償で本主に返還されるという徳政令や寺社興行法のような今日の観念では非常識・反社会的な法令が行われたのも、本主が所有されるべきものが所有されていないことの方がより問題視されていたからだと言われている。

 

徒歩五分

 

「宅地建物取引に関する公正競争規約」では、徒歩1分とは、80m、時速に直すと4.8km/時。
普通、人が歩く速度は4km/時だから、早歩きの速度。
不動産広告の「徒歩五分」という表記は、普通に歩いて五分ではない。

 

新築

 

新築と表示できるのは、建築後1年未満でかつ未使用の建物のみ。

 

 

現在の畳のサイズ(6尺×3尺、約180cm×90cm)になったのは、戦国時代に城に攻めてきた敵兵の矢を避けるのに、畳を立ててちょうど人一人が隠れることができる大きさからきたとも言われている。

 

高層ビル

 

建築法では、低層建築物゜とぱ1階と2階の建物。
中層建築物は3階以上、高さ45m以下の建物。高層建築物は45m以上のもの。
超高層ビルに関しては正式な規定は無いが、だいたい25階、高さ100m以上のものを指すようだ。

コメントは受け付けていません。